コパアメリカ参加辞退について

コパアメリカに日本が参加しないことが正式に決まりました。

1サッカー人としては、
サッカー史上最強のレベルに達しつつある日本が
日本とはまた別の次元で
ヨーロッパ移籍市場で
今が旬のコロンビアと本気で闘えないのは心底残念です。
参加するためにどうにかならないかという理不尽な思いは
大震災で傷付いた心を立ち直らせてやろうという
心意気で封じ込めるべきだと改心します。

理由は小倉会長、原技術委員長の参加への努力は相当なもんだったと思うからです。
原さんのことを悪く言うやつはあまりにも頭が悪すぎるように思う。
アジアカップ優勝は
イタリア志向の岡田路線を継続できるザッケローニを選んだ原さんの功績なんだから。

以下、スポーツナビの記事です。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2011/text/kaiken/201105170021-spnavi.html

日本の選手は欧州主要クラブの主力とみなされ
2012年のユーロの影響で早く始める
夏のトレーニングキャンプで必要な人材と思われている。
これは少し前なら考えられなかったことだし、
来シーズンさらに多くの日本人が欧州リーグで活躍する可能性は高い
(宇佐美、乾、永井、浦和の高橋は即戦力だろう)。
それに加えて南アW杯、アジアカップに出た選手の蓄積疲労は予想以上に多いと思われる。
香川の怪我は明らかに精神的、肉体的蓄積疲労が影響していたように思う。

長期的視野にたって9月のW杯予選のことを考えたら
6月、7月の休みは選手にとっては良いことなのかもしれない。
コパアメリカに出れてもW杯に出れなかったら何の意味もない。

真剣勝負は2013年のコンフェデレーションズカップまで
お預けでも良いじゃないか。