W杯の後は・・・・

Pocket

久しぶりにJリーグの試合を見ました。

しかし半年前に見た試合よりも球際が激しくなっているように感じたのは
オレだけだろうか。

鹿島と川崎の試合を見ましたが、
韓国代表DFのイ・ジョンスの軽い守備と
大迫君の落ち着きのなさにガッカリしてしまいましたが。
ああゆうのをモロブーイングせにゃあかん。
「殺●ぞ、ボケェ」みたいな野次は飛んだんだろうか。

ところであまりルールを知らないのですが
3年前くらいからラグビーW杯って良いな、と思っています。
それは代表選手達の代表における誇り、戦士の誇り、情熱というものが
サッカーのW杯のそれよりも上回っていると感じるからです。

チョン・テセがブラジル戦の国歌斉唱の時に泣いていましたし、
フランスのエブラも同じく国歌斉唱の時に泣いていました(二人の泣いていた理由は明らかに異なる理由だが)。

ラグビーはもっとそれが顕著に分かる。

オールブラックスのハカは迫力満点だし。

アイルランドの国歌斉唱

ポルトガルの国歌斉唱

オールブラックスのハカ

こうゆう男臭いのたまらん。
タックルした時のあの肉弾音もたまらん。
闘争本能を掻き立てられる。

2011年にはニュージーランドでW杯がありますが、
前と同じようにポルトガルとアイルランド、
そして、オールブラックス、トンガ、サモア、フィジーのハカに注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です