1998-2002-2006-2010

スカパーで素晴らしいことに過去のW杯日本代表の試合を全て放送していることを良いことに
もう一度過去の10試合を一気に見直ししました。

一番結果が良かった日韓の時と2006年何が違うか。
プレスをかけにいく位置の高さ、
集団でボールを奪いに行く組織的守備。
一対一での闘争本能。
これが違うように感じる。

ボールを奪う位置が低いからか
ゴールへ直結するチャンスが2006年は2002年の時よりも少ない。
技術的には2006年の選手のほうが攻撃のタレントでは上をいっていて
2002年より点が取れる発想はたくさんあったと思うのに
チャンスが少ないのはゴールが遠かったからだと思われる。
時代から逆行したサッカーをしていたように感じる。

つまり
監督のやり方が失敗したのだと改めて痛感する。
日本が守備をする場合は組織的な守備を前線から集団でかけ
奪ったら瞬時に反応して攻める。
ジーコはそんなことを2006年の選手に意識させていたとは思えない。

過去から学ぶと2002年には全盛期の小野伸二と中田ヒデがいて
2010年に比べると攻撃の発想は遥かに上だ。

こうなると
前線からプレスをかけて奪ったらゴールへ直結する攻めを貫くしかない。
ただ今回は変化をつけられる選手や
一対一で無理が効く選手がいない。
本田は中田ヒデにはなれそうもないし
俊輔はコンディションが悪くて小野伸二みたいに前線でキープしてくれそうもない。

彼ら二人(もしくは遠藤、長谷部、松井)のコンディションが上がれば2002年みたいになるのか?
あと2週間のフィジカルトレーニング、メンタルトレーニングが勝負だ。

2010年に日本はW杯に行くべきではなかった。

日本国民に危機感と
日本サッカー協会に危機感を持たせるためには
W杯に出なかったほうが良かったかもしれないですな。

W杯予選のイタリアVSアイルランドの試合を見るとつくづくそう思う。
プレミアではそこそこの選手も代表だと120%の力を出す
「アイリッシュ・ハート」がW杯で見れないんだもんなー。
何かアイルランド国民に申し訳なく思ってしまう。
アジア枠を減らして欧州枠増やしたほうが良い。
今回のW杯に出て良いアジアの国は韓国だけだ。

2010年は捨てる。

随分前からそう思ってたんだよな・・・

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=759016634&owner_id=5882921

W杯の記憶

ここ最近
ふがいない日本代表に大変幻滅しつつも
わずかながら希望を持ってしまうのは
やはり94年大会から追い続けてきたW杯の過去の記憶があるからなのかもしれない。

ドーハの悲劇で朝まで泣いてたり
アメリカ大会でロビー・バッジョに惚れまくったり
ジョホールバルの歓喜でバイト先の先輩の友人宅で
朝まで泣きながら酔っ払ってたり
現地でチケット問題でアルゼンチン戦見れなくてかなり悲しい思いしたりしたけど
ロナウドのゴール見れて相殺されたり(2002年も凄い大会だったなと思うけど)と、
ちょっとまとまりがないかもしれないが
W杯の思い出を挙げたらキリがない。

日本代表にも僅かな希望を持ってしまうのは
ドーハやジョホールバルが青春のど真ん中で
UKロックとほぼ同時期に夢中になっていたものだからかもしれない。
ただあの頃の熱い思いというのは冷めてしまっているなと思う
(日本サッカー協会が全くW杯で優勝する気にならないのもその理由の一因だけど)。

また
音楽もそうだけど、社会人になってしまうと現実が噛み付いてきて
情熱も徐々に失われてしまうもんだな、と痛感する。
割く時間が圧倒的に少なくなってしまう。
ちょうど学生だったフランス大会が一番熱かったから
日本に帰ってからもほとんどの試合を見ていた。
日韓大会やドイツW杯とは比べ物にならないくらい試合数を見ていた。
フランス大会が自分の中でも最高のW杯だったなと思う。


今回の南アW杯
社会人でないこのチャンスに思いっきりW杯をTVで観戦できるのは
天の救いに違いない。

思いっきりW杯を楽しもうと思う。

さっき見たことが無かった1986年メヒコ大会の準々決勝イングランドVSアルゼンチン戦を見たけど
今と比べるとなんとまあ省エネなんだろうかと思った。
選手が動かない(笑)
基本技術が出来てない選手が結構いる。
技術はここ20年近くで格段に進歩し
選手がアスリート化したのがよく分かる。

しかし
一つだけどうしても現代でも勝てないものが
ディエゴ・マラドーナ。
メッシ並みのドリブルに
シャビのような視野の広さと創造性。
マラドーナ以外の選手が
現代の90分間走り続ける選手で固められていたら
もっともっと凄い試合になったろうな、と思ってしまった。

果たして
今回ディエゴはアルゼンチンをメッシのチームにできるのか。
今回選ばれた代表を見ると
86年、90年大会監督だったビラルドがバックにいるからか
メッシのアルゼンチンにするような人選になっているような気がしないでもない。
サイドバックの人選が良くわかんないけど。

いやー
楽しみでんなー

日韓W杯の真実

情けない日本代表を忘れたいがために
2002年の倉敷さんの「稲本、ゲットー」の映像を見ていたら
そういえば韓国がベスト4まで行ったっけ?って思い出して
こんな画像を見つけてしまった。

今見てみても酷いラフプレーの数々。
これらのプレイをレッド取られなかったりしなかったのが不思議(笑)

色んな記事を読みましたが
2002年の時に対戦相手国だったイタリア人、スペイン人、ドイツ人に対して
民度の低い挑発をしていたようです。
http://www58.tok2.com/home/letsgokorea/

サッカーに関して
韓国より日本がヨーロッパで低くみられているという感覚がありましたが
こんなことまでしてベスト4に行ってもね、と思う感覚が宿りました。

そう考えると
ユナイテッドのパクチソンの功績は大きい。

日韓W杯以降ついた悪いイメージを
彼がひたむきにプレーすることで払拭させたことは大きい。
ボルトンにイ・チョンヨンが移籍できたのも彼のお陰かもしれない。

でもセリエAやリーガで活躍できない理由は、
これが尾を引いているに違いない。

まだバルサは世界最強なのか。

モリーニョが再燃させた“倫理論争”
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0910/eucup/text/201005030008-spnavi.html

このコラムを読んでて
今年のバルサは去年のバルサよりも強かったとは思えない”感覚”が再認識できた。
今年のバルサはイニエスタがいなかったから世界最強ではなかった。
今世界最強のチームは2006-2007年のACミランのように
実質的な最強と呼べるチームはなくなってきた群雄割拠の時代に逆戻りした。
ただバルサのサッカーは依然世界でも特異的にそして突出した力を持っているように感じる”感覚”はある。

サッカーは本来自由なスポーツで
勝つことを目指すサッカーもあれば
ポゼッションを重視し試合を支配するサッカーもある。
でも何が一番歓喜を残すかと考えた時、勝つことが一番だ。

インテルが正々堂々とセリエAで見せていた試合をバルサ戦に実行していたら
勝てたか?と考えたら
恐らくバルサに勝てなかったはず。
ただそれは勝つための戦術、戦略として当然モウリーニョが選択しなかっただけで
その戦術を批判することはサッカー本来の歓喜を否定してしまう。

ただ”感覚”として
サッカーは楽しいものであって、守りまくることが楽しいのか?という問いに対して楽しいとは言えない。
バルサVSインテル戦を見た子供達が楽しい、と単純に理解できたか?
楽しいサッカーとは思えないだろう(逆に勝利への執念と情熱を感じ取ったかもしれない)。

オレも音楽とかFootballも単純なのが好きだからバルサのサッカーは好きだ。
夢を感じる。
でも
アーセナルは例外として
シティがもしインテルの立場だったなら
間違いなくモウリーニョの戦術を支持したことだろう。
誰しもがもし自分のクラブがバルサに立ち向かう時にはモウリーニョの戦術を支持したはずだ。
守りまくっても点が取れなかったバルサは世界最強ではなかった、ということだ。

だからこそ
来シーズン、守りまくっても点が取れる布陣と人材をバルサは用意し
夢を追い続けるはず。
そう思うと益々ワクワクしてしまう。

はぁ
結局シティELっていう悔しさが残っちゃうんだけどな・・・・まあいいや

大舞台に強い監督

プレミアリーグ
第29節
Man City VS Spurs
0 – 1

ここ数試合
マンチェダービーやヴィラ戦のシティの試合を100%の集中力で見ていたので
最初の5分でいつもと違うな、というのがすぐに分かった。
シーズン当初の個人の力量に任せたチームに戻った、というのがよく分かったわけです。
それとバリーの起用にもちょっと疑問符があった。
動きの質やポジション取りにここ数試合との違いを感じた。
怪我が治ってないのに無理して出てるんだろうな、というのが想像できた。
最初からヴィエラ使ってれば良かったのに。

前後半通じていつものシティが戻ることはなかったように思う。

終始攻めるのか守るのか
チームのコンセプトが統一されてなかったように思う。
攻める!ってコンセプトに明確にしてなかったからだと思う。

これは監督の力量だ。
明らかに大舞台、クラブの歴史を作る試合にビビったとしか思えない。
いつも通りの試合をいつも通りの精神状態で
選手に随行させることができなかった監督の責任だ。

所詮はインテルで歴史を作れなくて解任された監督だ。
やはりマンチーニは歴史を作れる監督ではなかった。
前任者のヒューズよりはまともな監督だが。

1998年のフランスW杯でイングランドを復権させた監督を
やはり呼び戻すのが一番現実的な気がする。
モウリーニョが理想だけど。
恐らく今回のW杯でコートジボワールの監督が終わってから
ゴラン・ズベン・エリクソンは暇になるだろうから。

それにしても悔しい運命の試合でした。