ベンゼマかキーンか

W杯2010欧州予選のプレーオフの組み合わせ抽選会が終わった模様。

フランス VS アイルランド
ポルトガル VS ボスニア
ロシア VS スロベニア
ギリシャ VS ウクライナ

注目はトラパットーニ率いるアイルランドに挑むレブルー、フランスが足元を救われる可能性が高いということ。
監督がどう考えても3流以下なので、
果たして欧州屈指のタレント集団が一致団結できるかどうか。
アイルランドは予選今のところ無敗。
イタリア相手でも2分け。
団結力、闘争本能は伝統的に素晴らしく
名将トラパットーニの下に集まったプレミアリーグで活躍するタレント軍団が100%以上の力を発揮する可能性も高い。
特に左右のサイドアタッカー、セルティックのマッギーディ、フラムのダフがフランスの両サイドを切り裂き、
中央に位置するトッテナムのキーンがゴールを決める可能性はある。
圧倒的不利と言われた2002年W杯のグループリーグで当時史上最強のGKだったオリバー・カーンから
ゴールを奪い引き分けに持ち込んだことはまだ記憶に鮮明だ。

ほか
オレ的にはポルトガルよりボスニアがW杯で見たい。
見たい選手がボスニアのほうが多い。
ボルフスブルグの長谷部の盟友のジェコとミシモヴィッチ、
昨シーズンブンデスリーガで旋風を巻き起こしたホッフェンハイムのイヴィセヴィッチが代表例。
フィーゴ、ルイ・コスタが引退したポルトガルにはファンタジスタがいないから面白くないので。

ロシアもW杯に来て欲しい。
アーセナルのアルシャヴィンと
この前CSKAモスクワVSボルフスブルグ戦で見たCSKAのジャゴエフ。
この両ファンタジスタの饗宴はかなり弾けてて楽しいこと間違いない。
伝統的にタレントは欧州屈指で
結束力のないチームだが監督がヒディングなので、
間違いなくスロベニアを破ってくるだろう。

ウクライナのシェフチェンコはまた見たい。
ギリシャは守備的でとても見てて面白いとは思えないので。

しかしプレーオフの試合で
バーレーンVSニュージーランドって何だかなと・・・

これに勝ったチームに欧州プレーオフで敗れたチームと戦っても全チームに負けそうだよな・・・

リチャード・ダンに拍手喝采

昨日夜にプレミアリーグ第八節アストンビラVSマンチェスターシティの試合をスカパーで見ました。

結果は1対1の引き分けでしたが
昨シーズンまでシティにいたリチャード・ダンのCKからの豪快なヘディングシュートでビラが先制し
シティがベラミーのゴールで同点。

途中テベスを変えるという意味不明な采配で勝ちゲームを引き分けにしてくれて勝ち点2を損した感じ。
やはりヒューズではCLに行けないなと改めて痛感。

早くCLに行ける監督が来て欲しいなと思った。

個人的にはマイケル・ジョンソンの復調具合が見たかったな、と

リチャード・ダンは昨シーズン散々コケにしたけど
改めて彼のプロフットボーラーとして高潔な精神には感激した。

ゴールを決めてもアデバイヨルみたいに元いたチームに敬意をあらわさない態度をしない。
ゴールしても喜ばなかったしね。

得てして一流のプロフットボーラーはそうゆうもんですね。

しかしシティってお金あるから敵対心持たれまくっているようですね

確かにそれは玉の輿に乗って美人な社長の娘と婚約した男を妬む出世レースに負けた男に似てるかもしれませんな