Footballの理想郷

2008-2009CL決勝

FCバルセロナがマンチェスターユナイテッドを2-0で一蹴。

2008年ユーロでスペインが優勝し、今年もスペイン勢がヨーロッパを制し
ポゼッションサッカーの未来は守られました。

優勝するのはバルサかアーセナル、リバプール以外許せないっすな(笑)
この意味が何を言わんとしているか分かる人は分かるはず。

しかしイニエスタは凄い。
とにかくボールを取られない。
対峙した時の相手の重心が左右どちらに傾いてるかを
見抜く目。
まさにサッカーセンスの塊です。
ボールを奪う時もその目は有効活用されているように感じます。

メッシも凄いけど、
オレの今年のバロンドールはイニエスタしかいません。

ペップ・グァルディオラもいい監督です。
中盤のゾーンプレスを再構築した手腕は素晴らしいと思います。
選手晩年イタリアに渡って体感したことが監督になって生かされている。

選手のローテーションの仕方もシーズンを見越した起用法で特筆モノです。
メッシもフルシーズン満遍なくそして大事なゲームにも出場できたのはペップの手腕によるところが大きい。

バルサはクラブチームの理想でしょう。

カンテラ出身の選手が主力を占め
さらに自国の代表にも貢献し
そして何より2タッチ以上キープしないパスワークで
徐々に相手ゴールに迫っていくファンタジーなFootball

世界のどのクラブも
プレミアのどのクラブも
そして我らがマンシティも
バルサのサッカー、
クラブの理念を目指すべきでしょう。

皆さんはどうお感じになったでしょう?

ポゼッションサッカーの勝利

チャンピオンズリーグの準決勝というのは何故に毎年ドラマチックなんでしょうかね。

去年はランパードのPKに痺れたもんですが
今年は・・・・

赤の試合はパクのゴールでTVを消しましたが(笑)
チェルシーVSバルサの準決勝の試合は最期まで手に汗握る痺れるゲームでした。

守備主体のチェルシーと究極のポゼッションサッカーを繰り広げるバルサ。
ある意味現代サッカーの異端児的なバルサ。
あのチームのサッカーを嫌う人間はドイツみたいなコテコテのサッカーが好きな人くらいで
ほとんどの人が好むサッカーでしょう。

180分まで完璧にプランを遂行していたヒディング。
最後の最後で力尽きましたが
やはりあの監督は素晴らしい。

でもそれ以上にイニエスタが素晴らしかった。

イニエスタは現在世界最高のMFでしょう。
CLで優勝したら彼をバロンドールにして欲しいもんです。

ポゼッションサッカーの幻想は勝利と無縁の幻想ではなく
サッカーの理想郷として決勝でも現実として
展開されることを望みます。

チェルシー 1-1 FCバルセロナ

【得点】
チェルシー:マイケル・エッシェン(前半9分)
FCバルセロナ:アンドレス・イニエスタ(後半48分)