CLノックアウトラウンドベストゲーム

やっぱレアル VS リバプール戦がベストゲームでしょう。

インテルが勝ってたら問答無用なんですが。
相手、嫌いだけど強過ぎてこりゃダメだな、と。

しかしラファエル・ベニテスという監督は恐ろしい監督だな、とつくづく思います。
何か最初からこうゆう勝ち方か引き分け方しか狙ってなかったというような完璧なゲームメイク。
レアルは決して悪くなかった。
ガーゴ、ラサナ・ディアラもハードワークで汚いプレイを率先してやってたし
銀河系軍団だった頃とは真逆の走る激しいサッカーをしていた。
しかし、それ以上にリバプールの中央、サイドに対する守備の意識の高さ
トーレス以外全ての選手がハードワークして
汚いプレイして
折れない心、勝利への執着心を前面に出していた。
我らがマンシティとは違うメンタリティの強さをトーレス以外の選手達から感じられた。

改めて感じましたが
監督のモチベーションコントロールの巧さが
チームの士気を上げるのは間違いない。
カップ戦でのこの異様なチーム力の強さは何なんでしょう。
ベニテスもやっぱりうちの監督候補に入れたいとこです。

マンオブザマッチはマスチェラーノ。
うちにもデヨングがいるけど、果たしてデヨングがこれほどまで
誠実に汚く常に安定してアンカーのプレイに徹しられるかと思うと疑問です。

アンカーは狡賢く相手のキーマンを苛々させないと存在する意味がない。
今世界最高のアンカーはマスチェラーノでしょうか。
さすがアルゼンチンでシメオネ、アルメイダの系譜を継ぐ男です。

BS熱中夜話-プレミアリーグナイト-前編の模様

BS熱中夜話-プレミアリーグナイト-前編の模様が
NHKのサイトで紹介されています。

オレもばっちしシティのコーナーで取り上げられてます。

http://www.nhk.or.jp/nettyu/2009/soccer/0212/index.html

クソー
オレ、自分のこと僕、とか言ってて可愛いし
粕谷さんがオレって言ってるのは絶対、場数の違いだな

BS熱中夜話-プレミアリーグナイト-前編の反響

何分色々調べたくなるもんで早速2チャンネルをチェック!

すると、いい感じのブタ野郎がいたんで
F語メール出してやろうと思ったけど
アドレスが不定で送れなかった。

残念!

~~~ここから~~~~

606 :_:2009/02/13(金) 13:02:03 ID:EvB6GqkF0
プレミア特番は気持ちわるい人ばっか集まってた。
あのブーイング合戦とか偏差値低い大学のサークルみたいなノリ、
オアシス経由でシティ応援してるってwまさにミーハー番組だった。

~~~ここまで~~~~

偏差値低いのは大いに認める。
なぜなら労働者階級は皆頭の悪い柄の悪いヤツばっかだからだ。
現地に行きゃ分かるがあんなブーイング、ヤワ過ぎて
ブーイングのうちに入らない
現地ではオレの大好きなF語のオンパレードだ

OASIS好きでシティ好きになったのも認める。

ただ
OASIS経由でマンシティが好きになったミーハーが好きなMFでマイケル・ジョンソン上げるか?
好きなDFでマイカー・リチャーズ上げるか?
ミーハーとか言ってるが来週の放送で後悔することになるだろう
ギャハハ

このお●んこ野郎こそミーハーでち●かすで腐ったブタ野郎だ

2チャンネルは攻撃したい対象に
直接的になれないので欲求不満になるなと
見てしまった自分を後悔しました。

ただ客観的に見て
気持ち悪いってのは言えてるかもしれない。
もっと痴話喧嘩っぽくなれば健康的な番組になったのかもしれないからね。

確かに自慢話とかをするのって
オ●ニーに近いって発想もあるから。

そう
オレは健康的な卑語の応酬がしたかったんだ、と
番組終わって改めて気づきました。

普通の人には理解できない境地だろうけど(笑)

BS熱中夜話の放映が明日です。

明日24時からの放映でオレがマンシティサポ代表での発言が放映されるかもしれません(編集されている可能性もあるので”かもしれません”と言っておきます)。

何分目立ちたがり屋なもんですからどーんっと映ってます。

衛星第2が見れる方々はお楽しみください。

http://tv.yahoo.co.jp/program/12771/?date=20090212&stime=2400&ch=3c66

ちなみにオレんちでは衛星放送が見れないので見れません。

マイミクからYoutubeへのアップ依頼がありますので、
ビデオ取られた方是非私にも下さい。

イタリアに新星現る ~ダヴィデ・サントン~

この前、イタリアリーグ、セリエAのインテルVSレッチェ戦をスカパーで見てましたが
てっきりインテルの左サイドといえばブラジル代表のマクスウェルかと思っていたら
イタリア人の17歳の選手が出てました。

この選手凄いな、と思いました。

繊細で優雅なボールタッチ、高精度の低くて早いクロス。
そのプレイスタイルはまるで若い頃のミランのバンディエラ、パオロ・マルディーニを彷彿とさせる。

この試合の2点目、フィーゴのゴールをアシストした左サイドから上げた右足のクロスは
とても17歳とは思えない高精度のものでした。

インテルは「外人にも門戸を開放する国際的なクラブを目指す」ことが
伝統的なクラブ方針なので、
自国の若手ホープを起用することに驚きを感じる人も現地にはいると思います。

ここに介在するのがジョゼ・モウリーニョという稀代の名監督の思想なのかな、と思います。

モウリーニョの哲学として
「自国の選手で選手をまかなうこと」があります。
インテルという勝利至上主義クラブでも彼は彼の思想を実現しています。
この姿勢は間違いなくインテリスタも支持するでしょうね。
他、バロテッリという若手アタッカーもいますし。

要は何が言いたかったかというと、
モウリーニョが偉大な監督だ、ということです。

今、マンU時期監督にという噂されていますが
むっとしますな。

彼はシティにきて
リチャーズ、オヌオハ、ジョンソン達を偉大な選手に育てて欲しいな、と心から願います。

プレミアリーグ 第25節 マンシティ VS ボロ

マンチェスターシティ VS ミドルスブラ
1 – 0

昨日は熱中夜話に出た方々と恵比寿のフットニックで観戦しました。
マンシティの試合に夢中でほとんど皆さんと会話できませんでしたが。
何か申し訳なかったな、と反省しております。

いかん。これでは独り自己満足じゃねーか、と思いつつ
ベラミーがゴールした瞬間一人大騒ぎしてましたが・・・・
ただ好きな音楽がかかってる時とか
話の内容とかすっ飛ぶ時あるじゃないですか。
それと同じです。

ギブンの2回のスーパーセーブは残念ながら認めざるを得ないものでしたね。
前からギブンは凄いキーパーだと思ってましたが、
やはり安定感、反射神経はピカイチですね。
ジョン・ハートのことを考えると
複雑な心境ですが、あれだけ貢献してくれたら文句は言えない。

しかしオレが期待してなかった補強選手のベラミー、ギブンが活躍したということで
ヒューズは調子コクでしょう。
昨日の試合に勝てたのはシティオブマンチェスタースタジアムの雰囲気に起因してることをヒューズはわかってないんでしょうが。

ベラミーは点は取れたにせよ100%彼の特性を生かしてるかというと、そうは思えません。
彼はセカンドストライカーで、純然たるポストプレーヤーとワンツーで抜け出すプレイが一番生きる。
ボロのセンターバック(フート、ウェターは共に身長190センチ代の選手)は高くて屈強だったから
ロビーニョとベラミーではハイボールに勝てないので
前線で溜めができなくて攻撃のリズムができてなかった。
つくづくロケサン欲しいな、と思いましたよ。
ヒューズはベラミーとロケサンをセットで考えてたはずです。

ただ
これからのヒューズの真価は
アウェイで勝ってこそ、ですな。

熱中夜話収録後集合写真頂きました。

blog_import_568324843489d

アーセナルの日本公認サポのJさんから画像を頂きました。

やはりオレは目立ちたがり屋なんで真ん中なんだな(笑)

マンシティサポがオレみたく動物系じゃなくて
植物系で引っ込み思案の方が多かったので
リバプールサポやアーセナルサポと仲良くなってしまった

しかしエバートンファンのおっさん腹でてんなー
って余計なお世話か