ユーロが終わって

ユーロはスペイン優勝で終わりましたね。

スペクタクルなフットボールが勝利にこだわるサッカーを
撃破する様は爽快です。
イニエスタ、バルサではもっと凄いけど。

久々にまともな大会になって良かったですね
サッカー本来の楽しさを
思い出させてくれる大会になりました。

しかし

根っからのイングランド好きなオレは
どこか今回のユーロは冷めた目でみてました。

熱くなれませんでした

イングランドが出ない大会なんて

今はカペッロイングランドがどうやってクロアチアにW杯予選でリベンジするのか

http://ja.wikipedia.org/wiki/2010_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E4%BA%88%E9%81%B8

ルーニーの相棒に
クラウチがいいのか
アシュトンがいいのかとか
中盤右サイドはウォルコット使って
一発のある
べッカムは右SBでも代表に必要だとか
ランパードは代表に不必要でセンターはジェラードとハーグリーブスで組ますとか

そうゆう話題に興味がそそられます。

ユーロで感じましたが
クロアチアはファンタジスタ達がこれから経験が増して
更に強くなり油断ならなくなるので

そろそろイングランドにも新しい血が欲しいですね

シアラーのような
母国伝統のセンターフォワードが出てこないかなと思います

ワールドカップアジア最終予選ドロー

岡田日本W杯最終予選の相手は因縁だらけ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=531559&media_id=8

組み合わせ
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E4%BA%88%E9%81%B8#.E6.9C.80.E7.B5.82.E4.BA.88.E9.81.B8

Bグループに比べれば
楽なグループですが、相手は弱くないです。

3次予選でバーレーンはご存知のように相手のホームで負けてますし
ウズベキスタンには、前シーズンまでディナモ・キエフで活躍していた絶対的なエースFW、シャツキフがいますし、
カタールには過去一度も勝ったことがありませんし、
アタッカーにはウルグアイからの帰化選手で要注意選手、セバスティアン・キンタナがいます。
さらに元浦和にいたエメルソンも帰化するのでは?という話もありました(FIFAの規定に阻止されたようですが)。

そして、オーストラリア。
因縁の対決ですが、ここ数年勝っていません。

ビドゥカ(ニューキャッスル)、ブレシアーノ(パレルモ)、ケイヒル(エヴァートン)、マーカス・ニール(ウェストハム)、ブレット・エマートン(ブラックバーン)、グレッラ(トリノ)、スコット・マグドナルド(セルティック)など
ヨーロッパ主要リーグのスタメンの選手ばかりで構成される選手層は、アジア随一。
怪我でリーズ時代の輝きは全くなくなってしまったリバプールのハリー・キューウェルも復活すれば恐ろしい存在です。

日本よりも格上の相手です。

ただオーストラリア以外のチームがW杯出場に相応しいチームか?
と言ったら、相応しいとは思えないので、
日本は勝たないといけない。

ホームで勝ってアウェイで負けない。

これを繰り返して勝ち点16を上げれば突破できるはずです。

3位になってBグループ3位のチームとやるのは絶対避けたほうがいい。
イラン、韓国、サウジのどれかと闘うでしょうから
大変なプレッシャーです。

いよいよ苦しい茨の道が始まると思うと
ドキドキワクワク感でいっぱいになりますが
3次予選の戦いを見ているとお先真っ暗な感じですね。

ハンブルグよりの手紙

定年退職してから
世界一周旅行に出ていた母から手紙が届きました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=764732743&owner_id=5882921

5月20日付けの手紙で、場所はハンブルグ。
サッカー好きならご存知だとは思いますが、今浦和レッズにいる高原がいたハンブルガーSVがある街です。
キャプテン翼なら若林君がいるチームですよ。

今はオランダ代表のファンタジスタ、ラフィー、ことラファエル・ファンデルファールトがいますね。

何でもアジア、アフリカを抜けてスエズ運河から地中海に入り、
バルサ、グラナダ、セビージャ、コルドバ、マドリードに行ったそうです。
何でもマドリードではちょうどレアルの優勝セレモニーをやってて
記念にレアルのユニフォームを買ったそうです。
果たして誰のを買ったんでしょうか。
ファン・ニステルローイ?ラウル?
手紙には誰のを買ったのかは書かれてませんね。

そんな感じで今度はボルドーに立ち寄りワインを嗜み、
ドイツ入りしたそうです。

ハンブルグに入ってからは、
飲めない癖にあまりに美味いビールのせいか
ジョッキ二本も開けたそうです。
ちょっと驚きです。

5月末にはバルト海からバルト3国周遊だそうです。

今頃はアラスカあたりかなぁ

こうゆう手紙読むと長年潜在意識にある旅行欲が掻き立てられます。

今の仕事辞めてやることっつたら、
間違いなく沢木耕太郎の深夜特急並のバックパッカーすることでしょうね。

イスタンブールからロンドンまで

思い描くだけで何か楽しくなってきた(笑)

香川先発ですか

いよいよ我らがサッカー日本代表の大一番ですね。

いきなり香川先発ですか~
オカチャン大胆ですが、吉と出るか凶と出るか
いつ俊輔と山瀬変えるかもポイントですな

しかし、FWがいなさすぎ

未明のユーロのオランダはスペクタクルでした。

オランダトライアングルの頃とは
また別の輝きを放ってますね。

でも優勝は難しいかな