ランパード

母親の死を乗り越えて決勝PK

フランク・ランパードのゴールでCLの決勝にチェルシーが進みました。
チェルシーのサッカー自体は硬質で見ててあんま面白くないのですが、
テリー、エッシェン、バラックなどメンタルが強い選手が多くて、
とにかく勝負強い。
監督がそんなに凄くなくても成熟した選手達が勝つために最善の選択をする。
魂を感じた試合でした。
去年も凄かったこの試合ですが、今年は別の意味で感動しました。

母親が亡くなってもこれだけのパフォーマンスをしたランパードには心も底から感動です。
PKを決めた時に涙を流す彼の気持ちが痛いほど伝わってきて
ウルッとしました。
こうゆうのに自分はホントに弱いです(笑)

ここ数年のランパードはジェラードに比べて
イングランド最高のセンターハーフとしては、
低調なパフォーマンスが続いていたので、
これがいい起爆材料になってほしいもんです。

しかし

CLって何でこんな凄いんでしょうね。
毎年ワールドカップの決勝トーナメント以上のクオリティの試合が見れて、
サッカー馬鹿としては幸せの至りです。

決勝はやっぱりチェルシーかな
マンシティ好きな自分としては、
C.ロナウドがあんま好きじゃない自分としては
マンUなんかに勝って欲しくはねー(笑)

モウリーニョはホントは勝負運ないんかな(笑)