プレミア開幕

やっと長いストーブリーグが明けて、プレミア開幕だ。
中田ヒデが引退しても、プレミアを観ないということはない。

プレミアは、スピード感が他のリーグに比べて断然あって、
ゴールに対して直線的だ。
セリエは、とにかく守備的で勝負に拘り過ぎ。
スペインも面白いけど、サポーターの盛り上がりは、プレミアには、叶わない気がする。

今年の3月に本場のプレミアの試合を生で見てきた
(トッテナムVSブラックバーン)けど、
トッテナムのサポータが本当に凄かった。
少しでも守備的にしたり、消極的なプレーをすると、
選手を野次る。
守備でも攻撃でも前向きなプレーをすれば、選手を誉める。
とにかくシュートを打て!シュートを打て!と選手をかきたてる。
非常にチームに対する情熱を感じた。

試合自体スペクタクルな試合ではなく、
トッテナムが劇的な勝利を収めた(3-2)。
何よりもまずサポーターの力でチームが勝った、という
印象がする試合だった。

今年もチャンスがあったら、行ってみたいな・・・・